会社概要

COMPANY

Chief Executive Officer

Shingo
Horiguchi

代表取締役 堀口真吾

代表取締役堀口真吾

野村総合研究所、日本総合研究所等にて、主にデジタルテクノロジーを活用した新規事業、マーケティング戦略の立案・実行に従事。特にハイテク産業、宇宙産業を専門とする。2018年、DigitalBlastを創業。

[執筆]
「宇宙ビジネス・ビッグバン」、「AI/クラウドで日本に勝ち目はない」、「AR/VRでデジタル憑依が可能に」、「"Internet of Human"ビジネスの指針」(以上、日経テクノロジーオンライン)
[講演]
III研究会「次世代都市開発」(SMFG)、慶應ビジネススクール「IoT時代のビジネス戦略」

MESSAGE

代表メッセージ

「Space Business Platformer」として、
宇宙と
社会をつなぎ、宇宙経済を創る。

宇宙産業を盛り上げていくためには、多くの企業が宇宙産業に加わる可能性を検討し、日本における宇宙産業の裾野を拡大して、イノベーションの意欲を高めることが必要となります。
一方、日本における宇宙産業は、政府による“公共事業状態”が長く続いているためにプレーヤーが限定され、宇宙産業以外の企業にとって敷居が高い産業となっています。
このような状況を捉え、DigitalBlastは宇宙産業の敷居を下げ、誰でも参画できる仕組みづくりを目指します。

Director

Shota
Deguchi

取締役 出口正竜

取締役出口正竜

日本IBM、国内コンサルファームを経て、DigitalBlast取締役就任。銀行、保険、製造業界にてデータドリブンでのイノベーション創出や、アジャイルなプロジェクト推進といったデジタルトランスフォーメーション戦略等の業務経験を有する。

Director

Hironobu
Inagaki

取締役 稲垣博信

取締役稲垣博信

東京大学大学院修了後、野村総合研究所にて官公庁向け調査プロジェクトと民間企業向け経営コンサルティングに従事。
特にインフラ政策提言・インフラ経営・PPP/コンセッション入札支援などにて多くの実績を持つ。
ケンブリッジ大学でMBA修了後、スイス再保険にシニアリサーチ・パブリックセクターソリューションマネジャーを経て、DigitalBlast取締役就任。
「社会資本 次なる転換(東洋経済新報社、共著)」等論文多数。

Director

Hayato
Okuma

取締役 大熊隼人

取締役大熊隼人

宇宙航空研究開発機構JAXAにてI SS日本実験棟きぼうの地上管制官として宇宙実験運用管制業務に従事。 また、きぼうに搭載する実験装置の開発や宇宙実験データを用いた研究を実施。
その後、外資系コンサルティングファームおよびベンチャーコンサルティングファームにてITコンサルタントとして従事。
DigitalBlast執行役員を経て、2021年6月取締役に就任。ITを有効活用した業務改善、大規模システムのグローバル展開プロジェクト、新規アウトソーシングサービスの立ち上げ、自社新規事業であるIoT サービス開発等数多くのプロジェクトに参画。

Advisor

Naohiko
Kotake

顧問 神武直彦

顧問神武直彦

慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)入社。H-IIAロケットの研究開発と打上げに従事。欧州宇宙機関(ESA)研究員を経て、宇宙航空研究開発機構主任開発員。国際宇宙ステーションや人工衛星に搭載するソフトウェアの独立検証・有効性確認の統括および宇宙機搭載ソフトウェアに関するアメリカ航空宇宙局(NASA)、ESAとの国際連携に従事。2011年度より慶應義塾大学准教授。2018年度より同教授。地球観測や衛星測位による宇宙IoTデータや社会調査法などによる人を介したデータによる農業、防災、街づくり、ヘルスケア、スポーツなどに関する社会課題解決を国内外で推進。測位航法学会理事。日本航空宇宙学会宇宙ビジネス共創委員会委員長。宇宙サービスイノベーションラボ事業協同組合代表理事。国内外の宇宙政策に関する各種委員を歴任。博士(政策・メディア)。

ACSESS

〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-7-9
神田司町PREX 7階

社名 株式会社デジタルブラスト
代表 代表取締役 堀口真吾
設立 2018年12月
本社 〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-7-9
神田司町PREX 7階
従業員人数 46名(2021年9月現在)
認証 情報セキュリティマネジメントシステム
ISMS(ISO27001)
※会社として取得