NEWS

ニュース

KDDIによる宇宙共創プログラム 「MUGENLABO UNIVERSE」に重力再現環境を提供

2024.06.17

一覧に戻る>

KDDIによる宇宙共創プログラム 「MUGENLABO UNIVERSE」に重力再現環境を提供

KDDI株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋誠)が5月30日より開始した、宇宙を活用し地球上の課題解決を目指す共創プログラム「MUGENLABO UNIVERSE」において、実証環境の一環として、「重力再現環境」を提供いたします。

プログラム内容のイメージ図

 

■「MUGENLABO UNIVERSE」について

「MUGENLABO UNIVERSE」(以下、本プログラム)は、宇宙事業に取り組むスタートアップ・異業種のスタートアップ・大企業・有識者が宇宙事業を共創し、宇宙技術を活用して地上の課題解決を目指すプログラムです。

本プログラムでは、宇宙空間を再現したデジタル空間や低軌道上などの多様な実証環境や、宇宙領域の有識者によるメンタリング・ネットワーキング機会をスタートアップと大企業へ提供することで、企業が宇宙事業に挑戦しやすい環境を整備します。

また、新たな技術や事業アイデアを持つスタートアップと、宇宙を活用した事業開発を目指す大企業をマッチングすることで、宇宙開発事業に加えて宇宙技術を活用した地上での社会課題解決事業の事業化を促進します。

本プログラムは、2025年度に宇宙空間を再現したデジタル空間での実証、2027年度に低軌道衛星での実証を開始し、2030年度に宇宙を活用した事業創出を目指しています。

本プログラムには、KDDI ∞ Laboパートナー連合の大企業から、関西電力株式会社・KCJ GROUP株式会社・KDDI株式会社・サントリーホールディングス株式会社・松竹株式会社・スカパーJSAT株式会社・住友不動産株式会社・大日本印刷株式会社・株式会社電通・東急株式会社・TOPPAN株式会社・三井住友海上火災保険株式会社・三井物産株式会社の13社が参加しており、スタートアップに関しては、設立10年以内未上場企業、製品/サービスをすでに商用化している企業のエントリーを募集しております。

ご関心のあるスタートアップ企業様はぜひ、本プログラム公式ページよりエントリーください

https://www.kddi.com/open-innovation-program/mugenlabo/universe/

プログラム内容のイメージ図

■DigitalBlastが提供する重力再現環境・小型ライフサイエンス実験装置「AMAZ」について

DigitalBlastでは、人工重力を発生させる小型ライフサイエンス実験装置「AMAZ(アマツ)」の研究開発を進めており、その栽培システムおよび栽培方法について2022年に特許(特許第7164910号)を取得しています。

小型ライフサイエンス実験装置「AMAZ(アマツ)」のイメージ

https://youtu.be/nejLpZ1Ijpg?si=1GJ3CzgIsnda8teN

小型ライフサイエンス実験装置「AMAZ」の動画

AMAZは、3つの実験区画を有しており、実験区画をそれぞれ異なる角速度で回転させることで人工重力環境を作り出します。AMAZを国際宇宙ステーション(ISS)に設置することで、ISSの微小重力環境に加え、月面と同じ地球の6分の1の重力環境を作り出せるほか、回転速度を変更することでさまざまな人工重力環境を作り出し、3つの重力環境実験を同時比較することが可能です。多様な重力下での栽培・培養を通して、生物の重力応答に関する基礎データを取得できます。

本プログラムにおいては、2027年度の開始を予定して、宇宙空間での重力再現環境を提供します。複数の重力下における植物や細胞等の実験を可能とするAMAZの技術をKDDI様にご注目いただき、これがさまざまなスタートアップにとって宇宙事業の参入障壁を下げ、ひいては地球課題の解決にもつながるとして、本プログラムでの環境提供に至りました。

DigitalBlastでは今後も、本プログラムとの連携を通じて宇宙産業の拡大・発展に寄与してまいります。